お通じ改善

MENU

お通じが良くなる食物繊維が豊富な野菜は何

お通じが悪いと、どのような野菜を摂ったら良いのか、食物繊維がお通じに良いとされているけれど本当なのか気になりますね。

 

食物繊維には、不溶性のものと水溶性のものとがあります。お通じを良くするには、この2つの食物繊維をバランス良く摂ることが大切になるのです。

 

ですので、好きな野菜だけをとっていては、お通じは改善していきません。水溶性と不溶性の割合は1対2が良いので意識してみると良いですね。

 

水溶性の野菜は、オクラや山芋、明日葉などがあります。ねばねばしているものが多く、このねばねばが腸の中の不要物や老廃物、有害物質をからめとって一緒に排出してくれます。

 

この他、善玉菌の栄養分になるので、善玉菌を増やし、腸内の状態を良くしてくれます。

 

不溶性のものは、さつまいも、かぼちゃ、トウモロコシ、アボカド、ほうれん草などがあります。不溶性は腸の中の水分を吸収し、便の量を増やす働きがあります。

 

また、腸の壁を刺激するので、便を動きやすくしてくれます。ですが、注意点としては、不溶性のものは、水分を吸収し便のかさを増やしますが、水に溶けないので便がするっと出にくくなります。

 

あまりに摂りすぎてしまうと便の中の水分も吸収してしまうので便が固くなってしまいます。バランスよく様々な野菜を食べると良いですね。

 

執筆者:あつこ

 

お通じ

お通じのさらに詳しい情報や、お通じに良いお茶などの情報をお知りになりたい方は、こちらをどうぞ!

お通じ