お通じ改善

MENU

忙しい朝に限ってお通じが出ないのですが、病気でしょうか?

忙しい朝にお通じが出ないと言うのは、決して病気ではありません。

 

しかし、病気を引き起こす引き金になる可能性はあります。

 

これは、便秘症の人のみではなくて、毎日お通じがある人でもありうるのです。

 

女性は、特に生理がありますが、PMS(生理前症候群)という、生理前の3〜8日くらいに、約8割りの女性が悩まされています。

 

一見、病気かと思われがちですが、女性ホルモンのバランスから起こる現象であり、女性なら誰でも可能性はあるので、決して病気ではないので安心です。

 

PMSは、症状として、頭痛や立ちくらみ、腰痛や下腹部の痛み、寒気や眠気などで、普段便秘をしないのに、生理が近づくと便秘になったりしてしまいます。

 

また、精神症状は、イライラ、不安感で涙もろくなったり、人それぞれ違いがあります。

 

これらを通して言えることは、毎朝お通じがあるのに、出ないということで、さらに不安や焦り、体調不良に繋がって、悪循環になることもあります。

 

このような時には、温かいお風呂にゆっくり入ったり、寝る前に軽いストレッチをやったり、朝は余裕をもって起床して、余計なストレスを溜めないようにします。

 

また、お通じが出ないと力まず、トイレで深呼吸をして自然な便意を待つことも効果が期待できます。

 

執筆者:あつこ

 

お通じ

お通じのさらに詳しい情報や、お通じに良いお茶などの情報をお知りになりたい方は、こちらをどうぞ!

お通じ