お通じ改善

MENU

便通が多い人の病気とは

便秘気味の人はたくさんいらっしゃいますが、便通が多い病気を持つ人もいらっしゃいます。では、どのようなものが考えられるのでしょうか。

 

便通が多い人の共通点として、腸内環境が悪化している事があげられます。悪玉菌が強く働いてしまい、下痢を繰り返したり、ストレスで腸がやられてしまっていたりします。

 

考えられる病気としては、過敏性腸症候群があります。

 

腸内環境が悪化することで、頻繁に腹痛を訴えたり、下痢が多くなってしまったり、排便の間隔が一般的な人とずれたりする症状があります。

 

もし、便通が多いと感じている人は、病気の早期発見をするためにも一度検査を受けた方が良いでしょう。

 

過敏性腸症候群を見つける検査としては、大腸内視鏡検査が一般的です。

 

この検査を受けるにあたり、前日からの食事制限、検査当日の下剤服用、検査後の安静など、少々準備が大変ですが、腸の中を直接カメラで見る事ができ、正確に症状が分かるでしょう。

 

また、原因が過敏性腸症候群ではない事もあるため、早いうちに病気を発見し、治療をはじめられるきっかけになるかもしれません。

 

お仕事に支障がない日を選ぶか、お仕事を休んで時間を作り、検査を受ける事をおすすめします。

 

執筆者:あつこ

 

お通じ

お通じのさらに詳しい情報や、お通じに良いお茶などの情報をお知りになりたい方は、こちらをどうぞ!

お通じ