お通じ改善

MENU

便通異常や吐き気の原因はストレスかも

毎日起こる軟便や下痢、便秘といった便通異常や吐き気などの腹部不快感の症状があると重大な病気なのではないかと考えてしまうかもしれません。

 

しかし、そうした症状の原因がストレスである可能性も否定できません。

 

腸には脳と同じ神経が多く分布されており、その神経は自律神経で繋がっています。

 

自律神経は人間が生きていくために必要な様々な機能を調節している神経ですが、過度な緊張やストレスなどを感じてしまうとその働きが鈍くなってしまうため、人によっては便通異常や吐き気といった症状があらわれることがあるのです。

 

こうした胃腸の不快な症状は、過敏性腸症候群や機能性胃腸症などと診断されますが、特徴としては胃や腸自体にはなんの問題もないということです。

 

ですので、便通異常や吐き気の症状が出始めた時に、学業や仕事の中で過度にストレスを感じることが多かったと自覚しているのであれば、そのストレスを解消することがもっともよい治療法といえます。

 

ただし、便通異常や吐き気といった症状は、本当になんらかの胃腸の病気である可能性も十分にありますので、自己判断で放置するのではなく、まずはきちんと病院で必要な検査を受けて異常がないことを確認しましょう。

 

執筆者:あつこ

 

お通じ

お通じのさらに詳しい情報や、お通じに良いお茶などの情報をお知りになりたい方は、こちらをどうぞ!

お通じ