お通じ改善

MENU

お通じは運動をやることで改善したり良くなる?

便秘で悩んでいる人はとても多いです。

 

いつのお通じがよくなくて、薬を飲んでいる人も多いです。

 

たしかに薬をのめばお通じが出ることが多いので、それでいいやと思う人もいますが、それには問題もあります。

 

薬を飲んでいるうちに、だんだんと体が慣れてしまって薬なしではお通じがでない体になります。

 

これが依存症です。

 

依存症になっては自力ではでない体になってしまいますからそうならないように対策ととる必要があります。

 

それにはまずは水分をとることです。

 

水分というと緑茶やコーヒーでもいいような気がしますが、水か白湯がいいです、しっかりとお水か白湯をとることで、便がやわらかくなります。

 

さらには運動をすることが腸内環境を改善するために必要です。

 

運動によって腸の蠕動運動が良くなるので、腸内の便が肛門へと移動しやすくなっていくのです。

 

さらに運動をすることによって、代謝力や免疫力が改善していくので、便通も良くなるのです。

 

さらには食事の改善も必要です。

 

食物繊維をとったり乳酸菌や発酵食品を積極的にとることで、便通が良くなるのです。

 

とくに運動もヨガなどをすることで自律神経の乱れが改善されることでよりお通じがよくなる可能性があります。

 

執筆者:あつこ

 

お通じ

お通じのさらに詳しい情報や、お通じに良いお茶などの情報をお知りになりたい方は、こちらをどうぞ!

お通じ