お通じ改善

MENU

便通が悪い原因と対策とは?

便通が悪くなることを便秘といいます。どれくらい便通が悪いと便秘なのかというと、1週間くらいです。

 

3日くらい便通がないのを異常だと思う人もいますが、それくらいなら別に悪いことはありません。

 

1週間くらい便通がないのは完全に便秘なので、なんらかの対策が必要です。便秘には2種類あります。

 

弛緩性便秘とけいれん性便秘の2種類です。多くの場合は弛緩便秘で、これは腸の筋肉が衰退することで腸のぜん動が弱くなったりすることが原因で起こります。

 

また運動不足が原因で排便機能低下してしまうのも弛緩性便秘です。弛緩性便秘の場合は、腸の機能を強化するために運動をするといいです。

 

また便秘の原因は、水分の不足も影響しています。水分を積極的に取っていくことが必要ですが、あまり取りすぎると今度は下痢を起こすので、ほどほどにしておきましょう。

 

一方のけいれん性の便秘はストレス等によって自律神経のバランスが崩れることによって起こります。

 

よく旅行などに行くと、お通じが悪い状態になりがちですが、あれなどもけいれん性便秘の一種で、環境が変わったことで体が緊張してしまい、便通が悪くなってしまうのです。

 

けいれん性便秘の場合は、とにかくストレスをなくすことが必要です。それから便秘解消には食物繊維の摂取が有効です。

 

執筆者:あつこ

 

お通じ

お通じのさらに詳しい情報や、お通じに良いお茶などの情報をお知りになりたい方は、こちらをどうぞ!

お通じ