お通じ改善

MENU

お通じが美容に良くない関係とは何

お通じが美容に良くないといわれることも多いですが、お通じと美容の関係としては、便秘などにより、便が腸内に停滞してしまうと、ガスや悪玉菌などが多くなり、有害物質などが発生しやすくなります。

 

そのため、口臭や体臭などにも影響を及ぼし、また、有害物質が血液を通じて、全身に行き渡ることにもなりかねません。

 

そのような状態になると、肌などにとっても悪影響を与えることがあります。

 

また、お通じが良くない状態ということは、胃腸の状態があまりいい状態でない可能性があります。

 

便秘に限らず、下痢や腸内にガスが溜まりやすい状態は、肌にとっては、比較的影響がでやすく肌荒れや肌の炎症、ニキビなどができやすい蛍光があります。

 

ストレスなどによっても、胃腸に関係し、影響がでやすく、それ以外にも生活習慣の乱れ、食生活の乱れなどにより、胃腸の状態の悪化に対して関係するため、消化不良、便秘などにつながりお通じが良くない状態になるため、生活を見直して、改善していくことが大切です。

 

生活環境を改善していき、適度にストレスを解消できりょうな状況を作ることや、規則正しい生活、また、栄養がしっかりと補える食生活、暴飲暴食、偏食を控えることなども、美容のため、またお通じをスムーズに行なうためには必要な対策といえるでしょう。

 

執筆者:あつこ

 

お通じ

お通じのさらに詳しい情報や、お通じに良いお茶などの情報をお知りになりたい方は、こちらをどうぞ!

お通じ