モリモリスリム 効果 口コミ

MENU

コラム記事一覧

 

便秘で悩んでいる人はとても多いです。いつのお通じがよくなくて、薬を飲んでいる人も多いです。たしかに薬をのめばお通じが出ることが多いので、それでいいやと思う人もいますが、それには問題もあります。薬を飲んでいるうちに、だんだんと体が慣れてしまって薬なしではお通じがでない体になります。これが依存症です。依存症になっては自力ではでない体になってしまいますからそうならないように対策ととる必要があります。それ...

 
 

お通じが美容に良くないといわれることも多いですが、お通じと美容の関係としては、便秘などにより、便が腸内に停滞してしまうと、ガスや悪玉菌などが多くなり、有害物質などが発生しやすくなります。そのため、口臭や体臭などにも影響を及ぼし、また、有害物質が血液を通じて、全身に行き渡ることにもなりかねません。そのような状態になると、肌などにとっても悪影響を与えることがあります。また、お通じが良くない状態というこ...

 
 

現代の日本人はお通じが毎日なくて困っている人が非常に多いと言われています。それは食生活の乱れや偏りが原因として考えられるのです。日本人は昔の様に豊富な野菜を摂取しなくなってしまいました。そのことで食物繊維が欠乏してスムーズなお通じが見られなくなったのです。また食物繊維不足によって腸内環境は悪玉菌でいっぱいになっています。そのことで正常な腸の蠕動運動がみられなくなって便秘症に陥る人も少なくありません...

 
 

お通じを毎日スッキリさせる方法は、水を飲むことです。便秘は便が硬くなっている状態です。水分不足による便秘の場合は、1日に1.5リットルから2リットル程度の水分摂取が必要になります。水分を積極的に飲むことでお通じをよくすることができます。お茶やコーヒーなどのカフェインが入っている飲み物には、利尿作用があるため、せっかくの水分が腸まで届かずに身体から排出されてしまいます。水分補給には、なるべく水、もし...

 
 

忙しい朝にお通じが出ないと言うのは、決して病気ではありません。しかし、病気を引き起こす引き金になる可能性はあります。これは、便秘症の人のみではなくて、毎日お通じがある人でもありうるのです。女性は、特に生理がありますが、PMS(生理前症候群)という、生理前の3〜8日くらいに、約8割りの女性が悩まされています。一見、病気かと思われがちですが、女性ホルモンのバランスから起こる現象であり、女性なら誰でも可...

 
 

お通じが良くない場合、薬を服用したくなりますが、できれば漢方などの薬で対処したいと感じますね。そもそも食べたものは、胃で消化され、十二指腸、小腸を通り大腸を通過し、外へと排出されます。十二指腸や小腸では食べ物の栄養分と水分が吸収されますが、まだ水分が多い状態で、大腸では、ほどよい硬さになります。この時胃や腸の動きが悪いと、通過するのに時間がかかり水分だけが吸収され続け、便が硬い状態になってしまうの...

 
 

お通じが悪くて困っている方は多くいることでしょう。その原因は一つだけではなく様々な要因が重なってお通じが悪くなっています。よく耳にするのは食物繊維を摂取するとお通じがよくなるというのがあります。野菜に多く含まれている食物繊維が内臓を通る中で掃除してくれるといったイメージです。そして、トレーニングやストレッチといった運動をすることでもお通じはよくなります。昔は便秘といったもので悩んでいる人はほとんど...

 
 

お通じが悪いと、どのような野菜を摂ったら良いのか、食物繊維がお通じに良いとされているけれど本当なのか気になりますね。食物繊維には、不溶性のものと水溶性のものとがあります。お通じを良くするには、この2つの食物繊維をバランス良く摂ることが大切になるのです。ですので、好きな野菜だけをとっていては、お通じは改善していきません。水溶性と不溶性の割合は1対2が良いので意識してみると良いですね。水溶性の野菜は、...

 
 

お通じをよくするのには、どのぐらいの水の量を飲めばよいのでしょうか。お通じ改善のスムージーのレシピもあわせて紹介していきます。お通じが悪くて悩んでいる方はとても多いと思います。それを改善するために毎日たくさんの量の水を飲んでいるという人もいるかもしれません。しかし、あまり多く飲むのは、逆効果になってしまうのです。なぜかというと、腸の善玉菌の動きが弱まってしまい、下痢を引き起こすことになるからです。...

 
 

腹痛やお通じの悪さをすっきり改善する方法を紹介します。腹痛を繰り返したり、お通じが悪いのは本当に苦しいものです。その原因は腸が弱っていることにあります。食の欧米化で緑黄色野菜や食物繊維、乳酸菌の摂取量が減ったためと考えられます。昔ながらの日本食では、努力しなくても自然にこれらのものが摂取できるのです。例えば、納豆や味噌、醤油、お漬物などです。これらの発酵食品には乳酸菌が含まれています。洋食中心だっ...

 
 

お通じの改善には、コーヒーなどカフェインを含むドリンクよりも、ハーブティーや白湯などを飲んだ方がよいと言われています。確かにコーヒーを飲むと腸が活発になり、お通じが良くなりますが、それは一時的なことです。カフェインは腸内環境を悪化させてしまう飲み物なので、飲み続けることで悪玉菌が増え、便秘の原因となってしまうので注意が必要です。毎日朝食にコーヒーなどカフェインを含むドリンクを飲んでいる人であれば、...

 
 

お通じをどっさり出してすっきりした生活を送るためには、どのようなことに心掛けるといいのでしょうか。女性は便秘になる人が少なくありません。その理由は、腹圧が弱いということ、また運動不足である、ダイエットのなどの食事制限で便自体が少なく便秘になるという人は少なくありません。しかし、人間、食べたら出すというのが基本です。少量でも食べると、何らかの物がお腹にたまっていくのですね。もしも便通がよくないという...

 
 

お通じが悪いと、健康にも良くなく肌荒れも引き起こすと言われていますね。腸の中には善玉菌、悪玉菌、日和見菌が存在していますが、お通じが悪いと、腸の中は悪玉菌が多くなってしまいます。悪玉菌が増えすぎてしまうと悪玉菌から出てくる悪いガスが血液の中に吸収され、肝臓などに影響を及ぼし、肌荒れを引き起こしてしまうのです。また、腸がうまく動いていないと、栄養分が吸収されにくくなり、体全体に栄養が行きわたらなくな...

 
 

何日もお通じが出ていないのでお腹スッキリしない、お腹の周りが重いなどと得に女性の悩みに多い便秘はダイエットする時にも影響が出てしまいます。市販の薬に頼る事もなく自然にスッキリとお通じを改善できるオリーブオイルを体に入れる事で、便秘の悩みを解消する事が期待できます。オリーブオイルには便秘を解消する成分が入っているため、腸まで届く事で刺激しながら便秘の改善を簡単に行う事ができます。オリーブオイルのパワ...

 
 

体重を落とすには、毎日のちきんとした便通が関係ありますよね。女性は特に、便通が悪く便秘になってしまう人が多いようです。ダイエット中は食べる量も減らすので、体重は減っても便秘がちになり便通が毎日ではなく何日か置きにしかない、ということで悩んでしまいます。ダイエット中の便秘を解消するには、採りすぎる太りやすくなる炭水化物は控えて、繊維質の多い野菜やきのこ類を積極的に採ることが、便秘にならないダイエット...

 
 

快調なお通じには、食事の際に摂取する食品にポイントがあります。そのポイントは、食物繊維と乳酸菌です。まず、一つ目の食物繊維ですが、水溶性と不溶性があり、どちらもバランス良く取らなければなりません。水溶性とは、水分に溶ける食物繊維ですが、簡単に摂取出来るものがあります。それは、寒天です。寒天粉末というものや、棒状に寒天を乾燥させたものがあるので、それを利用すると簡単です。寒天は、基本的に無味に近いの...

 
 

便通が悪くなることを便秘といいます。どれくらい便通が悪いと便秘なのかというと、1週間くらいです。3日くらい便通がないのを異常だと思う人もいますが、それくらいなら別に悪いことはありません。1週間くらい便通がないのは完全に便秘なので、なんらかの対策が必要です。便秘には2種類あります。弛緩性便秘とけいれん性便秘の2種類です。多くの場合は弛緩便秘で、これは腸の筋肉が衰退することで腸のぜん動が弱くなったりす...

 
 

便秘で悩んでいる人は多いです。便秘になる理由は一つではないです、ひどくなるとガスがたまったり吐き気がでることもあるので、すぐに改善させたほうがいいです。便通が悪い人は薬で便を出すのが当たり前になっている人が多いですが、薬に頼っていると依存症になっていて薬なしでは、便通がない体になってしまうリスクが高いです。そうならないためにも自分の力で出すようにしたほうがいいです。そのためには食物繊維をとるほうが...

 
 

毎日起こる軟便や下痢、便秘といった便通異常や吐き気などの腹部不快感の症状があると重大な病気なのではないかと考えてしまうかもしれません。しかし、そうした症状の原因がストレスである可能性も否定できません。腸には脳と同じ神経が多く分布されており、その神経は自律神経で繋がっています。自律神経は人間が生きていくために必要な様々な機能を調節している神経ですが、過度な緊張やストレスなどを感じてしまうとその働きが...

 
 

便通にけっこう効果がある足裏のツボがあります。そこを刺激するだけで、便秘解消につながり、快適な毎日を送れます。まず、湧泉(ゆうせん)というツボがあります。場所は、足の裏の中央部、土踏まずの少し上を行ったくぼんだ箇所です。湧泉は腎経という経絡を通っています。腎経は脚の内側からおなかの中央付近を流れるエネルギーの通り道なので、腸にはけっこう効きますよ。手の親指や人差し指で、少し強めにもむといいでしょう...

 
 

便通が悪い日が続くと腰痛や腹痛で立っているのも座っているのも辛くなることがありますが、便通が悪くなることによって腰が痛くなる原因として、腰痛の種が潜伏している可能性があり、普段腰痛になったことがない人でも、普段の生活や行動の積み重ねで、知らないうちに腰に負担がかかっていることがあります。腸の中に便が溜まっていくことで、腸が膨らみ血管や神経が圧迫されて、実際に痛みとして出てくることがあります。腸は筋...

 
 

便通が良くない時、良くするにはどのような食べ物や食品を選んだらよいか悩みますね。便通が良くないと、肌荒れを引き起こし、ひどい場合には、体から便のにおいがしてしまうこともあります。健康面でも風邪をひきやすくなったり、お腹がはって苦しく感じたりすることもありますね。便通を良くする食べ物は、食物繊維が多く含まれているもの、腸内の状態を良くする効果のあるもの、水分、油分に注目します。具体的な食品としては、...

 
 

毎日の便通の回数がきちんと多いのは、健康の証です。理想は、朝晩必ず2回は便通がある事。しかも決まった時間に出る事が大事です。体内の消化排泄サイクルが、きちんと出来ているからこそ可能な事です。人間は基本的に、1日3食食事を取っています。なので、1日1回の便通では少ない方です。毎日1回出ているから大丈夫、と言う人は多いと思いますが、食事に比例して回数も増えなければなりません。では、どのような生活を送れ...

 
 

便通を促すマッサージやヨガがあります。まず、マッサージから見ていきましょう。簡単な方法があります。手をおへその周りに重ね、ゆっくりとさするように回転させます。腸に心地よい刺激がいくとともに、熱を帯びて、腸が元気になり、便通を促すことになります。同じようなマッサージに、手の親指以外の4本指で、静かに押していくというものがあります。やはり回転するようにします。結構効果があります。もう一つは、腸の背中側...

 
 

トイレで元気なウンチが出ると、それだけで気分も良くなりますよね。ここ数年、腸内環境を整えることや便通を整えることの重要性が健康情報番組などでも盛んに取り上げられるようになりました。腸内環境を整えるためには、どのようなことが大切なのでしょうか?1つ目は、運動です。腸は体が動かないと動きません。運動不足になると腸の動きも鈍くなって便通が来ない、ということに繋がります。運動と聞くと、「フィットネスクラブ...

 
 

便通が良くない場合、身近なお茶を飲むことによって良くなることはあるのか、どのようなお茶が良いのか気になりますね。便通を良くするには水分補給も大切であるので、お茶やハーブティーを飲むと改善されることもあるのです。ですが、お茶にはカフェインが含まれているものもあります。カフェインは体を冷やすだけでなく利尿作用があるため便を固くし便通を悪くしてしまう可能性があります。そのため選ぶ時はできるだけカフェイン...

 
 

便通を良くすることが期待できる料理やレシピがどのようなものかについては、以下の通りです。便通の回数や頻度に関しては、多すぎても少なすぎても良くないと言われています。またたとえ便通の回数や頻度は正常であったとしても、便を排出する際に苦労したり、便の状態が良くない、たとえば硬すぎたり、軟らかすぎたりする場合なども、やはり便通が良いとは言い難い状況にあると言えます。便通に問題が発生する原因は様々あります...

 
 

便通を良くする飲み物として、よく知られているのは牛乳ではないでしょうか。牛乳の中には乳糖と言う成分が含まれていて、その乳糖の効果で便秘が解消される場合があります。しかし乳糖の効果ではなく、乳糖が体内で分解できずに下痢を引き起こしている可能性もあるのです。日本人には乳糖を分解出来ない人が多いため、牛乳を飲むことで便通が良くなっているのではなく、体内で何らかのトラブルが引き起こされていると考えなくては...

 
 

排便は健康に暮らすためにはとても重要です。しかし些細なきっかけで、便通がこなかったり、便が出たとしても、形が細い、コロコロするなど、快便でなくなるがあります。主な理由として、生活や食事の乱れはもちろん、ストレスからも起こることがあります。生活が乱れていたり、食事内容がジャンクフードや肉中心であるならば、規則正しい生活を心がけ、野菜をよく食べましょう。また、適度な運動や水分補給も大切です。ストレスを...

 
 

そもそも1日に何回出れば便通が良いのか、或いは何日出なければ便秘なのか。一般的には、1日1回便意が起きれば良いとされ、3日以上排便が出来なければ便秘と言われています。とは言え、人によって、または食べ物によって消化時間が違う為、理想とされる便通の回数というのは断定出来ません。1日に3回出る人もいれば2日に1回出る人もおり、個人によって違います。ただし、食べたらすぐに出てしまうような方、例えば1日に5...

 
 

便秘気味の人はたくさんいらっしゃいますが、便通が多い病気を持つ人もいらっしゃいます。では、どのようなものが考えられるのでしょうか。便通が多い人の共通点として、腸内環境が悪化している事があげられます。悪玉菌が強く働いてしまい、下痢を繰り返したり、ストレスで腸がやられてしまっていたりします。考えられる病気としては、過敏性腸症候群があります。腸内環境が悪化することで、頻繁に腹痛を訴えたり、下痢が多くなっ...

 
 

女性に多い便秘はお腹が張るなどの症状の他に、ニキビなどの肌荒れを起こす原因になってしまいます。便秘を引き起こす原因には色々な種類がありますが、野菜嫌いな方やダイエットなどで食事の量が少ないという方の場合、食物繊維不足によって引き起こされるケースがあります。食物繊維不足による便秘対策として、おすすめなのが青汁です。主原料となる大麦若葉や明日葉、ケールには豊富に食物繊維が含まれています。食物繊維は便の...

 
 

便通の頻度が多い場合、どのくらいの回数が平均なのか気になりますね。一日の中で何度もトイレに行くと、生活にも支障が出ることがありますし、体になにか起きているのか心配になることがあります。人間はものを食べると、まず胃で消化され、そのあと十二指腸、小腸へと進み大腸で整えられ排出されます。消化をふくめおおよそ20時間から24時間で便通があります。そのため1日平均1回が理想となっています。ですが、消化に悪い...

 
 

毎日の便通が良すぎる場合、乳酸菌を摂取する量が多いのではないかという疑問があります。便通が良すぎるということは、それだけ腸の運動が活発になっている証拠ですし、便秘状態よりも身体にとっては良い状態であるため、何の問題もないわけですが、乳酸菌を取りすぎると便通が良くなって頻繁に便が出ることがありますので、気になる方は乳酸菌の量を調節した方がいいかもしれません。例えば、ヨーグルトなどには乳酸菌が多く含ま...

 
 

お腹がすっきりしないときに便通を促進する果物とは何でしょうか。便は私たちの健康にとって大切なものです。便を見れば健康状態がわかるぐらいです。健康な人の便はバナナのような形をしていますが、便秘になるとうさぎのような便になり、反対に下痢になると水のような便になってしまいます。お腹がすっきりしないのは気持ち悪いものです。お腹がすっきりしないときに便通を促進する果物とは、りんごです。りんごにはペクチンが含...